オッズで探す相手馬(馬連・馬単編)

どうも佐久間です

今日は『オッズで探す相手馬(馬連・馬単編)』
についてお話しします


以前のブログで
単勝オッズ編(6/8 オッズで探す相手馬)
複勝オッズ編(6/15 オッズで探す相手馬(複勝編))
を紹介しました


今回は馬連馬単編です
※なんかシリーズ化してるみたい(笑)

では、先週(6/19)の実際のオッズを使って
説明します

これは6/19(土)の阪神2Rの最終オッズを
単勝人気順に並び替えたものです


ではいつもの様に、まず単勝オッズ
断層チェックから始めてみます

単勝オッズで1.4倍以上の断層は
 ★単勝オッズ断層位置
 ⑥と①の間・・・1.59倍
 ①と⑨の間・・・1.52倍
 ④と②の間・・・1.45倍
 ②と⑧の間・・・2.48倍
となっています

ここから、軸馬や相手馬を絞り込む為に
基準となる大断層は
 ★単勝オッズ(合成)大断層位置
 ①と⑨の間・・・1.52倍+1.59倍
 ②と⑧の間・・・2.48倍+1.45倍
という2つの大断層のパターンなのが
分かりました

以前のブログでも説明していますが
買い目を決める大断層は3つ以上必要なので
このレースは単勝オッズのみでの判断は
出来ません


なので、判断基準の追加ということで
次は複勝オッズから逆転現象を探します

複勝オッズにて逆転現象が起きているのは
 ★複勝オッズ逆転現象位置
 6番人気⑦ 単勝 11.9 複勝 2.8-4.6
 7番人気④ 単勝 14.1 複勝 2.8-4.4
の1か所だけありました

もし、投資資金がたくさんあるのであれば
 ・(合成)大断層の手前2頭
 ・複勝の逆転現象
という条件にが当てはまっているので
この馬からの複勝ワイド3連複(3連単)を
手広くしこたま購入すれば、かなりの確率で
的中するかとは思います

でも自分は、そんなお金は持ってません(涙)
(予想バトルで当たんなすぎだからね~)


という事で、今回のブログの主題である
馬連馬単オッズからの判断基準を追加します

これは同じ阪神2Rの馬連最終オッズを
人気順に並び替えたものです

馬連・馬単オッズでの判断基準として
 ・上位人気馬の信頼度
 ・馬券圏内に来そうな下位人気馬
の判定する事が出来ます

まず、馬連オッズの人気順の見方ですが
上の人気順オッズにて
 1番人気 ③-⑥ 5.0倍
 2番人気 ①-⑥ 7.6倍
 3番人気 ①-③ 10.4倍
      ・
      ・
と並んでいます
ここで、1番人気オッズと2番人気オッズの
両方に存在する馬(この場合は⑥)が
馬連での1番人気馬です

ちなみに、それ以降の順位を見る時も
馬連1番人気馬との組み合わせ順なので
★馬連オッズ人気順
 1番人気 ⑥
 2番人気 ③
 3番人気 ①
 4番人気 ⑨
 5番人気 ⑤
    ・
    ・
と続いていきます

ここで、馬連オッズの人気順が分かったら
単勝オッズ(10倍以下)の人気順と比較を行い
上位人気馬の信頼度をチェックします
 ★単勝オッズ順  ★馬連オッズ
    ③        
    ⑥        
    ①        ①
    ⑨        ⑨
    ⑤        ⑤
『あれ?1番人気と2番人気が逆転してる?』
って気づいて頂けるかと思います

こういう現象が起きている時は
 ・逆転現象してるどちらか(または両方)が
  馬券圏内から外れる

 ・上位馬だけでの決着とならない
というのが、オッズ理論の統計で出てます


同じ様に、馬単オッズでも見てると

これは同じ阪神2Rの馬単最終オッズを
人気順に並び替えたものです

基本的な見方は馬連オッズの見方と同じで
頭側にある馬番号が上位です
★馬単オッズ人気順
 1番人気 
 2番人気 
 3番人気 ①
 4番人気 ⑨
 5番人気 ⑤
    ・
    ・
やはり馬単でも逆転現象が起きてます

馬連・馬単にも断層チェックがあるので
オッズの1番人気馬からの組み合わせ順に
並び替えると
★馬連オッズ人気順
 人気順(1) ③-⑥ 5.0倍
 人気順(2) ①-⑥ 7.6倍
 人気順(3) ⑥-⑨ 12.2倍
 人気順(4) ⑤-⑥ 14.5倍
 人気順(5) ⑥-⑦ 20.2倍
 人気順(6) ④-⑥ 23.7倍
 人気順(7) ②-⑥ 31.9倍
 人気順(8) ⑥-⑧ 96.5倍
となるので、断層チェックをすると
 ③と①の間・・・1.52倍
 ①と⑨の間・・・1.61倍
 ②と⑧の間・・・3.03倍
なので、(合成)大断層は
 ①と⑨の間・・・1.61倍+1.52倍
 ②と⑧の間・・・3.03倍
となります

同様に、馬単オッズについても
★馬単オッズ人気順
 人気順(1) ⑥⇒③ 9.9倍
 人気順(2) ⑥⇒① 12.5倍
 人気順(3) ⑥⇒⑨ 21.6倍
 人気順(4) ⑥⇒⑤ 24.3倍
 人気順(5) ⑥⇒④ 30.8倍
 人気順(6) ⑥⇒⑦ 33.0倍
 人気順(7) ⑥⇒② 48.1倍
 人気順(8) ⑥⇒⑧ 154.1倍
となるので、断層チェックをすると
 ①と⑨の間・・・1.73倍
 ⑦と②の間・・・1.46倍
 ②と⑧の間・・・3.20倍
なので、(合成)大断層は
 ⑦と②の間・・・1.46倍+1.73倍
 ②と⑧の間・・・3.20倍
です


ここでちょっと気付いて頂きたいのですが

馬連オッズの人気順6番目だった④
馬単オッズの人気順では5番目という
逆転現象
が起きてます

この事より、複勝・馬単の両方で逆転した

④の馬の3着内率が一番可能性が高い

という事が分かりました


これらすべてのオッズ判定チェックより
 ・上位馬だけでの決着とならない
 単勝1・2番人気の信頼度が低い
 (合成)大断層は2つしかない
 複勝・馬単で逆転現象を起こした
  ④の3着内率が高い
という判定結果となりました

なので、候補馬のグループ分けすると
・グループA・・・④
・グループB・・・①・③・(⑥)
・グループC・・・⑤・⑨
※(合成)大断層が2つしかないので
 1つ目の大断層の前後2頭になります

★オッズ理論から導いた買い目

 ・馬連・ワイドならば
   A = B      2点(3点)
   A = C      2点
 ・3連複ならば
   A = B = B   1点(3点)
   A = B = C   4点(6点)
 ・3連単ならば
   A ⇒ B ⇒ B   2点(6点)
   A ⇒ B ⇒ C   4点(6点)
   A ⇒ C ⇒ B   4点(6点)
   B ⇒ A ⇒ B   2点(6点)
   B ⇒ A ⇒ C   4点(6点)
   C ⇒ A ⇒ B   4点(6点)
   B ⇒ B ⇒ A   2点(6点)
   B ⇒ C ⇒ A   4点(6点)
   C ⇒ B ⇒ A   4点(6点)
となります


んで、結果は

と決着し
 上位馬だけでの決着とならない
 人気上位で逆転現象してる馬の
  どちらかが馬券圏内から外れる
 複勝・馬単で逆転現象を起こした
  ④の3着内率が高い

という、完全に形にハマり見事的中です


こんな9頭立てのレースなのに
3連単¥26,890はオイシイですよね~!
※もし
 ④⇒①⇒③ だったら ¥36,600
 ①⇒④⇒⑤ だったら ¥45,550
 も付いてた!


こんな感じで皆さんも、もし相手探しに迷った時
こういう決め方もあるって事を参考にして頂ければ
嬉しいです



以上が『オッズで探す相手馬(馬連・馬単編)』
についてのお話しでした


ちなみに、これらのオッズ理論は、Excelのマクロの
自動計算プログラムで作って代表には渡してます

※こんなポートフォリオで渡してます

これにMASATOさんの血統理論
ジェニュイン山岡さんのデータ理論
AIで融合したのが、毎週公開している

チームNex-Cの
   AI推奨軸馬

です


これだけの事をやっているだけあって
AI自動プログラムで推奨された馬は
あれだけの高確率で導けるってわけです


今なら、この情報をタダで見れたり
質問なども出来るチームNex-C会員
間違いなくお得だし、予想に役立つので
是非会員登録を宜しくお願い致します


オッズ理論について、もっと細かく
佐久間に聞きたい事がありましたら
コメントお願いします



・・・もう、これ以上に細かくなる
オッズ理論の説明は無理やな~

コメントを残す

前の記事

重賞レースの回顧

次の記事

宝塚記念について