オークスについて

こんにちは、MASATOです。

今週末は牝馬クラシックの頂点、オークスですね。
うら若き牝馬たちの祭典ですが、今回はなかなか難解なレースへと変わりました。
というのも本命と目されていたサトノレイナスがなんとダービーへいっちゃいました。
桜花賞が終わった直後に頭から行こうと思っていましたが、アテが外れました。
そんなオークスですが有力馬を見ていきたいと思います。

まずはなんと言っても、初の白毛のGⅠ馬ソダシですね。
美しいだけじゃなく、走っても強いとはそりゃ人気も出ようというのもですね。
ただ今回は鬼門かもしれません。
この馬にとって乗り越えるべき壁がいくつもあることは否めません。
もしこの壁を乗り越えた時、2年連続の3冠も見えてくることになるでしょうね。

次にアカイトリノムスメです。桜花賞は惜しくも4着でした。
ただこの馬を含め桜花賞の上位4頭は後続を話していたので、力は拮抗してます。
桜花賞で惜敗した馬がオークスで輝きを取り戻すことはありそうな話です。
母はあの3冠馬アパパネですし、オークスは絶好の舞台とも言えますね。

さらにはファインルージュですね。桜花賞で3着に食い込んでみせました。
人気はそれほどでしたが、力を示して見せましたね。
キズナ産駒は惜しいレースが続いてますが、初のGⅠタイトルはこの馬かもです。

他にも忘れな草Sを勝ったステラリア、フローラSを制したクールキャット、
ジュベナイル3着でフローラSから臨戦のユーバーレーベンなど、
ソダシの連勝を阻む刺客が続々やってきます。
正直、思った以上に混戦ですね。それだけにどんなレースになるか楽しみです。

一緒に驚きの穴馬券を当てましょう!

コメントを残す