オークスの回顧

こんにちは、MASATOです。

衝撃な結果に終わったオークスを振り返ってみたいと思います。

サトノレイナスが回避した時点で、なんとなく荒れる予感のあったオークス。
結果は1番人気のソダシが飛ぶという結果になりましたね。
血統的に長い距離に不安のあった桜花賞馬ですが、ただ桜花賞馬だけに、
地力でこなしてしまうのでは、という気もしなくもなかったですが、
やはり戦型的にも不利なことは否めませんでしたね。

勝ったユーバーレーベンはようやく実力を発揮できたという感じでした。
良馬場とは言え、少し重い馬場も味方したかもしれませんね。
ゴルシ産駒のオークス制覇というのもなかなか衝撃でした。

2着はアパパネの娘、アカイトリノムスメでした。
直線の内を割って伸びてきたときは、もしや勝つのかと思いましたが、
外から勝ち馬の強襲に合ってしまいました。
ただ力のあるところは見せましたね。もっと距離は短い方がいいかも。

3着はハギノピリカ。まさかのノーマークでした。
過去10年でもこのローテで食い込んだ馬はいなかったですね。
ただ見事な末脚でした。広いコースでより力が出た感じですね。
ディープ産駒というのが唯一買えた材料でしょうか。
買えませんでしたが。

あとソダシですが、ペースはそれなりに流れて、前の馬にはきつかったか。
前で競馬した馬が軒並み沈んでしまったので、仕方ないですね。
騎手も距離が敗因と言ったように、ちょっと長すぎましたね。
秋は秋華賞か短距離か。
2000mなら持つような感じもしますので、どちらを選ぶのか楽しみです。

さて今週末はいよいよ、全てのホースメンの夢、ダービーです。
エフフォーリアの2冠なるか。それとも新星が阻止するのか。
これからしっかり予想したいと思います。

今週末はしっかり馬券を当てていきましょう!

コメントを残す

前の記事

会員登録方法