ダービーのポイント

こんにちは、MASATOです。

今週末は待ちに待ったダービーです。今年もまたやってきました。
全てのホースメンの憧れのレース。
ダービージョッキーという言葉があるくらい特別なんですよね。
まあ、そんな話はさておき、今回はダービーの注目点をご紹介します。

先週、オークスが全く同コース同距離で行われましたが、
なんとダービーはオークスとは適性面で大きく違うのをご存知ですか?
いろいろとあるんですが、今回はポイントを2点ほどお話しします。

まずは1点目。それは戦型です。
オークスは前で競馬する馬があまり有利ではありません。
もちろんたまには来ますが、どちらかと言えば差し馬有利なレースです。
4コーナーをかなり後方で回っても差し切ってしまうことが多いです。
ところが、ダービーではそうはいきません。
そつなくロスなく回ってきた馬が好走するレースです。
枠はインが有利、4コーナーでも全体の半分より前にいないと届かない。
最近は特にスローペースになりやすいので、
ある程度のポジションにつけるか、まくっていくか。
4コーナーでの位置取りがかなり重要なレースだと言えます。

2点目は、上りタイムです。
オークスは上がり上位の馬が好走する傾向があります。
速い上りを繰り出せる馬をチョイスすれば当たるようなレースです。
ところが、ダービーは上がり上位でも必ずしも勝てません。
これは1点目と通じるところがあるんですが、
前で競馬する馬がスピードを持続できれば、
後方待機の馬が最速の上がりを出しても届かないレースなんですね。
過去のレースを振り返っても、上りが5位とか6位の馬が好走してます。

なので、前走で大外ぶん回しの最速の上がりを出すような馬は、
このダービーでは通用しない、ということですね。
道中の追走でもしっかり前を追いかけることができて、
なおかつ直線でも垂れずに好走できる馬、
そんな馬がダービーでも結果を出せる馬だと言えると思います。

さてさてそんな馬はどの馬でしょうか。
しっかりデータと向き合っていきたいと思います。

一緒にダービーを取りましょう!

コメントを残す