ダービーの回顧

こんにちは、MASATOです。

昨日行われた歴史的一戦、ダービーを振り返りたいと思います。
戦前の予想通り、ハイレベルな戦いとなった今回のレース。
レコード決着となりましたね。上がりタイムのかなり早いレースでした。

そんな中でしびれたのは、シャフリヤールとエフフォーリアの叩きあいです。
ハナ差で制したシャフリヤールですが、まさかここまで戦えるとは思いませんでした。
たしかに今回のメンツの中では上位でしたが、エフフォーリアが抜けていたので、
あそこまでの激戦を勝ったのは見事しかいいようがありませんね。
この先の走りにも期待がかかる1頭になりました。楽しみです。

惜しくも敗れたエフフォーリアですが、負けて強しとはまさにこのことです。
内枠の進みましたが、他馬がスローだと見るや、後ろからどんどん被せてきて、
エフフォーリア自身も若干かかり気味で動けなくなっていまいましたね。
そのため直線を想定より後ろで迎えてしまったために早めにスパートしました。
見ていてもちょっと早いなと思いましたが、悪夢が現実になってしまいました。
もしかしたら、横山武史Jの経験の薄さが最後に出たかなーとは思いましたが、
ただよく頑張ったと思います。エフフォーリアもさすがの底力を見せました。
血統的にもこれから伸びていく馬さと思うので、将来の最強馬候補です。

3着はステラヴェローチェです。こちらもよく頑張りました。
正直ちょっと距離が長いかなと思いましたが、見事に伸びてきました。
もう少し短い距離でより高いパフォーマンスを見せてくれそうです。

最後にサトノレイナスとグレートマジシャンです。
あと少しで馬券圏内でしたが、惜しい走りでしたね。
サトノレイナスはこのハイレベルな牡馬相手によく戦ったと思います。
間違いなく3歳牝馬では最有力だと思います。
秋華賞では間違いなく主役を張ることになるでしょうね。
それからグレートマジシャン。
底知れぬ力を見せました。3着でもおかしくない所でした。
前2頭には少し着差をつけられましたが、血統的にもこれからが面白い。
あと、この馬の結果を見て、ダービーと血統の因果関係が窺えました。
是非来年のダービーにつなげたいと思います。

さて今週末は安田記念です。
春の東京GⅠの最後を締めくくるレースですね。
主役はもちろんあの馬、グランアレグリアです。なんですが、
今回はちょっといつもと違いますね。もちろん力は抜けていると思います。
ただ心配なのは、ローテです。こんなローテで走ったことがないです。
昨年は、あのアーモンドアイでさえ、負けたローテです。
奇しくもその女王を負かした新女王が同じローテに臨みます。
中2週のこのローテで、グランアレグリアは勝つことができるか。
これからじっくり検証していきたいと思います。

一緒に荒れ馬券をゲットしましょう!


コメントを残す

前の記事

勝負レース結果(2021/05/30)