ヴィクトリアマイルについて

こんにちは、MASATOです。

今週末は牝馬の熱き戦い、ヴィクトリアマイルが行われます。
昨年はあの圧倒的女王様、アーモンドアイが参戦して軽く調教していきましたが、
今年はその女王様を次の本番で倒してしまった、グランアレグリアが登場します。
牡馬でも勝てないこの新女王に、牝馬同士でどうするのか、という感じです。
さてこの女王様に死角はあるのかを併せてちょいと考えます。

まずはおそらく圧倒的1番人気、グランアレグリア様です。
前走は初めての2000m、コントレイルも苦しんだ重馬場で4着に沈みました。
このレースをどう見るかが、今回のテーマになると思います。
距離的なことを言うと、実はそんなに問題なかったのかな、という感想です。
藤沢センセイも言われてましたが、これからはもっと長い距離がいいとの通り、
距離が延びることは慣れの問題だったと思いますね。
問題は馬場ですかね。今の阪神の馬場は水を含むととてつもなく重くなります。
そこにやられた印象ですね。グランアレグリアもあまりに重い馬場は不向きそう。
今の東京は多少の雨はものともしない、水はけのよい馬場になっております。
週末も今の所は晴れ予想。馬場は問題なし。じゃあ死角がまったくないか。
唯一の懸念は、前走の反動ですね。重い馬場で走った疲れが残ってないか。
そこだけになるかと思いますね。相手関係は重要ではない、己との戦いです。

次にレシステンシアですね。快速馬です。おそらくハナに立つでしょう。
立たなくても走れます。ただし、この馬は徐々に距離が縮んでる感じですね。
もしかしたら、1400以下の方が今はいい可能性までありますね。
高松宮で好走した辺りもかなり懸念です。反動もあるかもしれません。
今回、前で競馬する馬が多いのも怖いですね。沈むときはかなり沈んじゃうかも。

さらにはマジックキャッスルですかね。この馬は常時よく走ります。
どんな舞台設定でも、ペースが違っても、きっちり能力を発揮できる感じ。
まるでカレンブーケドールのような感じ。GⅡ以下ならかなり信頼できる馬です。
今回の懸念は高速決着への対応力ですね。道中をしっかり追走できるか。
前走のタイムも速かったですが、今回はもっと早くなる可能性が高いですね。
追走がしっかりできて、4コーナーで前を捕まえられるポジションにいれるか。

おまけでデゼルについても書きます。
しっかり後方で脚を溜めて、直線でびゅーんと伸びるディープ産駒の典型です。
ただ道中のペースが速いと脚が溜まらない。すると伸びきれません。
逆に後ろに下げすぎて脚を溜めても、直線で後方だと差し切れない可能性が高い。
マジックキャッスルと同様、前走で見事な脚を見せましたが、それが発揮できるか。
ハマると素晴らしい末脚を見せますが、ハマらないと競馬にならない。
それが最大の懸念です。ただ中距離で実績があるのはいいかもですね。

他にも昨年2着のサウンドキアラや、雪辱を狙うダノンファンタジーなど、
面白い馬がたくさん参戦しますね。予想にも力が入ります。
女王様から行くのか、それとも思わぬ穴馬から張ってみるのか。
今週の馬場と枠順とにらめっこしながら考えたいと思います。

今週末も一緒に穴馬を的中しましょう!

コメントを残す