安田記念のポイント

こんにちは、MASATOです。

今週末は春の東京GⅠシリーズの最後を締めくくる安田記念ですね。
今年もここまできたか、という感慨深さもありながら、目の離せないレースです。

今年の安田記念の注目は何と言っても、新女王グランアレグリアの登場です。
前走はヴィクトリアマイルを圧倒的な力を誇示して楽勝して見せました。
昨年のアーモンドアイの時も思いましたが、まるで調教のようでした。
そして、本番を迎えるという、そんな雰囲気さえ漂わせています。

ただ懸念がないわけではありません。
月曜にも書きましたが、今回のグランアレグリアには隙があるかっもしれません。
まずはローテです。これまで、ここまで間隔の詰まったローテはなかったです。
最低でも1か月以上は開いてました。それが今回は中2週です。
これはあの絶対女王アーモンドアイでさえ敗れたローテです。
さらには天気と馬場です。
足元が渋るのはグランアレグリアにとって、決してプラスとは言えません。
今週末の天気次第では東京のコースは一変します。
正直、ヴィクトリアマイルほど盤石ではないと思っております。

そんな新女王を迎え打つのが、インディチャンプとサリオスです。
インディチャンプは言わずと知れたかつてのマイル王です。
今年も勝ちがないとは言え、GⅠでも好走をしており、力は落ちてない様子。
それからサリオスです。
大阪杯では馬場が合わずに5着に沈みましたが、今回はベストなコースです。
サリオスが最も得意とする舞台で、現4歳屈指の実力馬が連覇を阻むかも。

他にも好調著しいケイデンスコールや、京王杯勝ち馬のラウダシオンなど、
侮れない実力馬たちが、グランアレグリアに立ち向かいます。
強い女王の姿が見られるのか、それとも新しい力が台頭するのか。
これから予想するのが楽しみですね。

一緒に穴馬券を取りましょう!

コメントを残す