安田記念の回顧

こんにちは、MASATOです。

昨日行われた衝撃の安田記念について振り返ってみたいと思います。
それにしても正直、思いもしなかった展開になってしまいました。
女王グランアレグリアがもしかしたら本調子ではないかも、という予想は、
なんとなく立てられましたし、実際にそのようでしたが、
その女王に勝って見せた馬がなんと言っても衝撃でした。

奇跡の復活、ダノンキングリーです。
東京コースに強いことは知っていましたし、あのコースでこその馬でした。
ただ近走の走りを見る限り、ここで復活するとは思いませんでしたね。
調子が戻ったという噂はちらっと聞いてはいましたが、
正直、半信半疑でしたし、他に買いたい馬がいるというもの。
この大一番で渾身の激走を見せるとは、恐れ入りました。

これだから競馬はわかりませんね。そして面白いです。
まだまだ修行が足りないなあ、と思わされましたね。
これにて春の東京GⅠシリーズは終了したわけですが、
今年も一筋縄ではいかない、いろんなドラマがありましたね。
面白い春競馬になったと思います。

さて今週末は久々のGⅠがない週ですね。
最後に宝塚記念を迎えたら、今度は本格的に夏競馬が始まります。
というかもう、札幌ははじまりますけどね。
これからもしっかり、予想していきたいと思います。

コメントを残す

前の記事

勝負レース結果(2021/06/06)