安田記念の狙い目

こんにちは、MASATOです。
いよいよ明後日は東京GⅠシリーズ最後の安田記念です。
みなさんは頭を悩ませている最中でしょうね。そういう私もです。

さてそこまで頭を沸騰させることと言えば、もちろんあの女王のことです。
グランアレグリアは今回も来るのか。いや、勝つのか。
昨年はアーモンドアイが全く同じローテで負けてしまいましたね。
負けた相手こそ、このグランアレグリアです。
今度はグランアレグリアが全く同じローテに臨むとは皮肉なものです。

グランアレグリアは、たぶん来るでしょうね。おそらく3着以内には。
ただ勝つかはわかりません。やってみなければ。
じゃあ、逆にこの馬に勝てるとしたら、どの馬か、と考えます。
絶好調の女王に真っ向勝負したら、勝てる馬はほとんどいないかもしれませんが、
今回のグランアレグリアになら、ちょっと盾突いてもいいかも。
おそらく秋は万全の状態で出てくると思うので、叩くなら今です。

今の東京の馬場はかなり早い馬場となっているようですね。
ただこのレースは意外に欧州色の強い非サンデー系とかがよく走ったりします。
ディープ産駒はちょいちょい来てはいますが、支配的ではありません。
あと、逃げ馬が残っちゃうのもこのレースの特徴ですかね。
グランアレグリアの周りは逃げ先行馬だらけの枠順になってます。
最近は先行気味に走りますが、これだけ先行馬が多いとポジションは下がるかも。
怖いのは出遅れです。
昨年のアーモンドアイもちょっと出遅れたために後手に回りました。
あまり見ないシーンでしたが、これが疲れからなら、同じことが再び・・・
と考えるのは邪推ですかね。

5番枠はコース取りとしては絶好の枠と言えるかもしれません。
ただ不安要素もかなりあると言えますし、
実は気になるのは最近の鞍上ルメールの騎乗ぶりです。
ちょっとひと頃の勢いを失っているんじゃないか、なんて思ったり。
むしろデムーロの方が復活しつつあるんじゃないかと思う今日この頃です。
ダービーではハダルを派手に吹っ飛ばしましたけどね。

それはさておき、グランアレグリアについては軸にはいいかもですが、
頭が絶対とは決して言い切れないと勝手に思っております。
じゃあ、どの馬が勝てるか。
それについては最終予想で挙げたいと思います。
世代交代の波がマイルの世界に押し寄せるのか。
今から楽しみですね。

一緒に穴馬券をゲットしましょう!

コメントを残す