重賞レースの回顧

こんにちは、MASATOです。

昨日はエプソムカップと函館スプリントの夏競馬の定番重賞が行われました。
その2レースを振り返ってみたいと思います。

まずはエプソムカップです。
完全な差し競馬になった今回のレースですが、ザダルが見事な末脚を見せました。
やはり左回りで展開がハマると差し込んできますね。この先も楽しみです。
2着のサトノフラッグも惜しい競馬でした。
これくらいの相手関係なら力上位なのか。まだちょっと実力がわかりづらい感じ。
3着のファルコニアもよく伸びてなんとか3着を確保した感じですね。
本命に推したシュリは見せ場なく負けた感じ。ここまで負けるイメージがないので、
ちょっと心配ですね。
1番人気のアルジャンナは直線で伸びませんでした。馬場が少し重かったかも。

次に函館スプリントです。
ゴール前がかなりの接戦でしたが、ビアンフェがクビ差で勝ったレースでした。
カレンモエはカレンチャンの娘だけあって、さすがの安定感です。
このクラスでのスプリントなら連軸にはもってこいの馬ですね。
3着のミッキーブリランテも着実に力をつけてきた印象です。次走に期待ですね。

さて予想レースの1週目を終えての戦績がこちらです。

なんと山岡さん、ジェニュインの名を冠するだけあって、すごいですね。
ぶっちぎりのトップです。
まだ始まったばかりの予想レースですが、早くも差がついてしまいました。
ただこんな差も一気に縮められるのが競馬の面白いところです。
今週はどんな結果になるのか、楽しみですね。
是非ご期待ください!

コメントを残す