大阪杯の傾向と対策

こんにちは、データ理論担当のジュニュインです。
今日は今週末に阪神競馬場で行われる大阪杯のデータ分析結果をお知らせします
なお、昨年はコロナウイルスの影響で無観客競馬だった為、データ参考外としました

◎阪神2000mのデータ分析

5枠が好成績です


◎大阪杯のデータ分析

4歳馬と5歳馬が中心   

基本的には牡馬・セン馬が中心だがGⅠ勝ちの実績がある牝馬は可能性あり

関西馬中心

昨年末のGⅠか年明けのGⅡで好走した馬が中心

前走5番人気以下は割引

年明け一叩きされた方が良いが長期休養明けでも好走可能


これらのデータに該当する出走登録馬
・アドマイヤビルゴ
・グランアレグリア
・コントレイル
・サリオス
・ブラヴァス
・モズベッロ
・レイパパレ
・ワグネリアン

そして、当日のオッズでの判断材料

1・2が中心、4・6番人気が好成績、3番人気は割引

 単勝3.9倍以下の馬が中心
※2.9倍以下は連対・複勝率100%

以上が大阪杯の傾向になります。
それを踏まえて最終的に選んだ馬については、
週末のメルマガにて配信します。